資格がいるマリンスポーツ

マリンスポーツの資格

マリンスポーツは資格がなくても楽しめるものがたくさんあります。しかし、さらに本格的に楽しむことやインストラクターとして働きたいと考えた場合には資格取得が必要です。

特に有名なライセンス資格が、Cカードと呼ばれるものです。これはダイビングライセンスとして取得するものであり、国内外様々な場所で資格を取得するための講習が行われています。受ける講習によって取得する資格の内容が違うので注意が必要です。ダイバーとして世界中の海に潜ることのできる資格もあれば、同じ指導団体のインストラクターの引率がなければ潜ることのできないものもあります。また取得する資格や講習会場によって費用や日数も違ってきますから、その内容についても確認の上で受講するようにしましょう。

スキューバダイビングについても自分自身がダイバーとして潜るためのライセンス資格だけでなく、インストラクターとなるための資格は他にあります。それ以外にも様々なマリンスポーツでのインストラクターになるための資格があり、ボートセーリングやサーフィンの指導員になるための資格や講習もあります。こういった資格というのはインストラクターとして働くために取得するだけでなく、「本格的に勉強したい」「知識を身につけたい」という人、「技術の証明として資格がほしい」という人が取得するケースも多いです。そのためプロやインストラクターになる人しか取得できないというわけではありません。それ以外にもフィッシングを楽しむことや小型船舶の資格やジェットスキー、水上オートバイといったものを自分で運転するために資格を取得するという人もいます。