資格がいるマリンスポーツ

注意点

マリンスポーツに挑戦し、その魅力から本格的に行おうと考える人の中には資格を取得してインストラクターとしての経験をしてみたいと考える人もいます。もちろん資格を習得して本格的に仕事にしたいと思えるくらい打ち込めることを見つけることはとても素晴らしいことです。しかし、安易に考えずしっかりと考えてから行動に移すようにしましょう。

まず、マリンスポーツに関する資格というのは指導をしたり操縦をしたりといったものであり、人の命を預かるものです。ただ海に潜ったり走ったりして楽しむだけではなく、責任が伴うものになります。また、すぐに仕事が見つかるとも限りません。そこで、本格的に仕事にしていきたいと思っている人はしっかりと長期的なライフプランまでを考えたうえで行動に移すことが重要です。資格を取得するための勉強をしていく中で、自分への適性やライフプランといったものも見えてくることもあります。すぐに仕事にすると決めて仕事をやめたり転居の準備をしたりするのではなく、資格の勉強をしながらゆっくり考えるようにしましょう。

マリンスポーツにかかわる仕事にもいろいろとありますが、ダイビング関係の資格であれば一日の講習で取得できるわけではなく数か月はかかるというものもあります。海に通うことになりますからスケジュール調整や宿泊、渡航費用についても考えることが必要です。資格を取得する前にしっかりとかかる費用や期間、資格取得後にできることといったことも確認しておかなければなりません。特に費用は道具のレンタルや購入、資格申請費用といったものが含まれているものとそうでないものとがあるので細かく確認することが必要です。